2019、2020年発売予定の気になっているゲームを3本紹介!

レビュー

いやーTGS(東京ゲームショウ)の季節ですね~。
実はFF14が新生した2013年のTGSだけ行ったことがあるMinです。あの頃は今より若くて本当にアグレッシブだった…。

そんなこんなでTGSにも出典している2019、2020年発売予定の
コンシューマーゲームで個人的に気になっているゲーム3本紹介します。

FF14にハマって以来コンシューマーゲームを買う機会が減ったMinですが、
今年(と来年)は「これは絶対にやるゾ!」というゲームが多いです!嬉しいね(?)

ちなみに今年買ったコンシューマーゲームを今調べたら「DMC5」しかなかったぞ…w

スポンサーリンク

ロマンシング サガ3 リマスター

対応プラットフォーム PlayStation4/NintendoSwitch/XboxOne/Windows10/Steam/PlayStationVita/iOS/Android

発売日 2019年11月11日

公式サイト https://www.jp.square-enix.com/romasaga3

待っていましたロマサガ3

実は2019年初頭リリース予定だったゲームなのですが、開発陣が
「技のエフェクトにもっと磨きをかけたい!」ということで
発売が2019年11月11日にずれ込みました。しかし対応プラットフォームすごいな!?

しかもこの11月11日はオリジナルのロマサガ3の発売日と同じだそうで!

まぁサガスカーレットグレイスもSAGA2015(仮)ってタイトルだったけど実際は2016年発売で
1年くらい開発遅れてたしサガシリーズの1年は誤差だよ誤差!(暴論)

実はワタクシ、ロマサガシリーズで唯一実機でやらなかったのがこのロマサガ3です。

実家のSFCいまだに現役なんですが、中古屋でソフトが売ってたのが
ロマサガ1、2ばっかりで3だけが見つからなかったんですよね…。

やっぱり皆思いれ深くなかなか手放せないゲームってことなんですよ!

どんなゲーム?

大雑把にどんなゲームか説明すると8人の主人公が、よくわからないまま
四天王的なボスを倒してラスボス倒すゲームです。いや本当にこんな感じなんですよ。

オリジナルの発売が1995年なんですが、当時からボスを倒す理由が
「だってそうしないとゲーム進まないんだもん」しかないですw

 

もっと真面目に解説するとプレイヤーが8人の主人公を自由に選択し、
誰を仲間にするのか、どの順番でボスを倒すのか、どんな武器を使って何の技を覚えるのか、
というRPGの基本的な要素がほぼ自由に選択できる「フリーシナリオシステム」で有名なタイトルです。

まだ一般的なRPGのような「レベル」という概念がないのも特徴です。
気が狂うまで育成のやりこみができるよ!やったね!

今日までのサガシリーズの基本である「閃き」「陣形」「見切り」など、
魅力的な要素すべて入った集大成的な作品です。

気になるポイント

噂によると新イベント?追加シナリオ?があるそうで!
しかもサガシリーズの生みの親である河津秋敏氏監修!

また前作に当たるロマサガ2リマスターでも好評だった「つよくてニューゲーム」も実装。

詰みセーブをしてしまった場合や難しくて勝てない!という時でも
すぐにやり直せるシステムがあるので初心者サガプレイヤーも安心ですね。

あと個人的にはPSVitaでプレイできるのもポイント高いですね!
PS4版を買って、PSVitaのリモートでプレイしようと思います。(意味無し)

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター

対応プラットフォーム PlayStation4/NintendoSwitch/iOS/Android

発売日 2020年1月23日

公式サイト https://www.jp.square-enix.com/ffcc/

「またリマスターかよ」と言わないでください…。
このゲーム、私の青春なんですw

私が10歳の時にめちゃくちゃやり込んだゲームで、確実に私の性癖を歪めた作品の1本です。※褒め言葉

FFシリーズ初のオフラインマルチプレイアクションゲームで、
FF6以来ニンテンドーハード(ゲームキューブ)で出たかなり珍しい作品です。

PS1とかPS2に流れてしまったFFユーザーは結構知らない人多いんじゃないでしょうか?

最大4台のゲームボーイアドバンスをつなぎ、一つの画面を共有して他のプレイヤーと協力するという
昔は当たり前であったプレイスタイルで遊ぶゲームでした。

オリジナルのFFCCが発売した当時はネットなんてあってないようなものでしたが、
本作ではネットをつないでマルチプレイが可能に!ある意味「時代が追いついた」というやつですね!

主題歌である「カゼノネ」のシングルは今でも私の宝物です。

どんなゲーム?

人体にとって有害である「瘴気」に覆われた世界が舞台です。
人々はそんな瘴気から身を守ってくれる「クリスタル」に身を寄せ合って生きています。

しかしクリスタルの力は有限で、定期的に「ミルラの雫」で清めなければその力を失ってしまいます。

プレイヤーはキャラバンの隊員となり、年代記(クロニクル)に記録しながら
世界各地にあるミルラの雫を集める旅をします。

今で言うスマホのアクションゲームくらいのグラフィックですが、
これ元々は16年前のゲームなんですよね…。16年前でこのグラフィックってすごくないですか!?

グラフィックの美しさはもちろん世界観にあった
ファンタジー全開の民族調なBGMも高く評価されています。

デフォルメされたキャラなど可愛くて美しい、幻想的でTHE王道ファンタジーな
要素がたくさんありますが、ストーリーはぶっちゃけ重いです。

当時このゲームをプレイした時、私は10歳とかなり幼かったですが、そんな幼い私でも…。

「死とは常に隣り合わせで、昨日当たり前に過ごしていた人が今日突然居なくなる事もある」
というのをひしひしと感じた世界設定とストーリーです。

まぁもちろんダーク全開じゃなくてギャグ要素もありますがw

気になるポイント

新要素である高難易度コンテンツ、ボイスの実装やキャラメイクの
バリエーション追加されたのも勿論気になりますが…。

一番気になるのは「クロスプラットフォームプレイ」の部分ですかね…。
いやPS4やSwitchをまたいでプレイできるってのはすごい事なんですが!

PS4とスマホじゃスペックがそもそも違うし、何より接続の安定感が…大丈夫なんですかね?
気になるというかちょっと心配ですね…!www

あつまれ どうぶつの森

対応プラットフォーム NintendoSwitch

発売日 2020年3月20日

公式サイト https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

普段FF14とかサガシリーズとか変態向けのゲームばかりやってる私ですが、
ちゃんとのんびりするゲームも大好きですよ!

どうぶつの森シリーズは大ファンで初代ニンテンドー64時代から全作やっています。

最近のどうぶつの森は3DSなど携帯ゲームで発売することが
多かったですが、なんと12年ぶりに据え置き機で登場!

まぁSwitchは持ち運べる据え置き機なので携帯ゲーム機でもあるのですがw
まだまだ出ている情報が少ないですが個人的に一番楽しみにしている作品です!

どんなゲーム?

今までのどうぶつの森は「動物が住む村」を舞台に
のんびり自由に暮らすゲームでしたが、今回は「何もない無人島」が舞台!

プレイヤーはそんな何もない無人島を開拓する「無人島移住プラン」に動物たちと参加します。

無人島を開拓するためにオノやスコップといった道具を自作(DIY)するところから始まり、
プレイヤーの頑張り次第で無人島はより豊かに、住みやすい島になっていきます。

現実と同じように流れる時間のなかでゆったりと、
時にアグレッシブで自由な生活がプレイヤーを待っています。

これまでに自分の家、村全体、他人の家、そしてキャンプ場までをプロデュースしてきた
どうぶつの森プレイヤーですが、本作で手掛けるのは未だかつてないほどの「自由感あふれる無人島」!

今までは屋内にしか置けなかった家具が屋外に自由に置けるようになったり、細かな配置が可能になったりなど
外伝作品で取り入れられたシステムが満載なのが嬉しいですね。まさに集大成という感じ!

またオンライン通信で最大8人のプレイヤーと遊べるようになったり、
1つの画面を同時に4人で共有するローカルプレイにも対応してるのも大きなポイント。

特にローカルプレイは初の試みではないでしょうか?

今までどうぶつの森を兄妹や家族でやろうとすると順番にするしかなかったですもんね…。
私も兄とプレイする順番でもめた覚えがあります…!

気になるポイント

本作の目玉システム(?)であるDIYが気になりますね!

今までのどうぶつの森はアイテムを手に入れる手段が「購入する」または「動物からもらう」などが
ほとんどでしたが、まさか「自作」できるようになる日がこようとは…!

現時点で公開されているDIYレシピでは「切り株・石の椅子」や「丸太のベンチ」など、
木や石で作ったかなりワイルドな家具ばかりですが…。

どれくらいのレベルの物まで自作できるのか、気になりますね…!
道具や家具以外にも着ている洋服や靴なんかも自作できるんでしょうか?

最終的には文化が発展してPCくらいまでは自作できるようになるのでしょうか…。
流石にそれは飛躍しすぎ?w

まとめ

世間がFF8ガー!FF7ガー!とトキメいている中「うをー!ロマサガ!FFCCー!」
と狂喜乱舞して叫んでいる私は異端者でしょうか…wだってグラフィックがキレイなだけのゲームは性癖に刺さらないンですもの~。

コンシューマーゲーム以外で気になっているゲームだったらインサガの新しいやつや
メダロットのスマホのやつとかが気になります…。

…うん、やっぱ周りで誰も騒いでねーや!

という感じでいかがだったでしょうか!?どれか一つでも「面白そう!」とか
「私もやってみようかな!」なんて興味を持ってもらえたら嬉しいです。

そして私と一緒にゲームの性癖、歪めていきましょうや…。
ここまで読んでくださってまことにありがとうございました!

コメント