ゲーム実況で実際に使っているマイクなどのデバイス紹介

ゲーム実況

本日は13日の金曜日ですね!最近は例のウイルスのせいで
ジェイソンさんも自粛ムードだとかなんとか。

実は13日の金曜日って1年間で一番ある組み合わせなんですって。

365日もあるのに、13日が金曜日とピンポイントで
重なるなんて、なんだか不思議ですね~。

そんな話はさておき、FF14のフリートライアル手引書を投稿してから
いい声ですね!」「マイク何使ってるんですか?」とよく言われるようになったMin。

9歳の頃から19歳だと間違われるくらいの老け声なのは自覚していましたが、
いい声と言われるのはやはり嬉しいですね!

ということで私が実際に実況で使ってるマイクなどの「デバイス」をご紹介いたします。

実際の音質や環境による違いなんかも
紹介しているので、合わせて実況動画を見ていただけると!

スポンサーリンク

FIFINE USB マイク K669

FIFINE(ファイファイン)のUSBマイク、型番はK669です。
ヘッドセットマイクではなくて、いわゆる卓上マイクってやつです。

毛むくじゃらの方じゃなくて、隣のピンク色のやつですね。
私が購入したのはピンクですが、他に黒色のバージョンもあります。

購入した理由なんですが、私…物理的に頭でっかちで
ヘッドセットが頭に入らないことが多いんですね。

男女兼用フリーサイズは基本的に入りません。

入ったとしてもギッチギチで長時間着けていると
頭が痛くなって困るという深い悩みがあったので…。

「そこそこの値段で、まあまあ使える置型のマイク」
ってのを探している時にたまたま見つけました。

三脚もセットで、PCデスクに設置するとなんだか
「ゲーム実況者」って感じの雰囲気が出るスグレモノです。

パソコンで使えるのはもちろん、PS4にもブスッと接続するだけですぐ使えます。便利!

音質や録画環境による比較

実際に使っている様子や音質などは、
私が上げている実況動画を見て参考にしていただければ…!

【Bloodstained:RotN】帰城本能の諧謔曲#01【実況】
【Banished】オータムセールだョ!全員追放!【配信】

BloodStained実況はPC環境、OBSを使用して録画・録音しています。
Banishedの方はほぼ同じ環境で配信している様子です。

【サガスカ】全力で欲望抱いて旅するタリア編#01【緋色の野望】

こちらのサガスカ動画はPS4環境、ブロードキャスト機能を
使って配信したものです。

PS4では音質、音声の調整等は出来ないのでw
そのまんまの音質が分かるかと…。

 

PS4だとスペックの関係で声がこもって聞こえますが、
PCの方は目立ったノイズやザラつきもなく、綺麗に録音できてると思います。

Dell ゲーミングモニター 23.6インチ SE2417HG

DELLのゲーミングモニター、まぁ23.6インチのディスプレイですね。

古いゲーミングノートPCをメインで使ってた時代からお世話になっています。
当時は1万2千円くらいで購入したと思います。

Amazonで1万円代のディスプレイというとBenQ、
ASUS、IOデータとか…あとLG辺りが人気なんですが。

なぜDELLを選んだかというと私がDELL信者だというのと、
同じ価格帯のディスプレイの中で唯一「HDMIが2ポートある」というのが決め手でした。

あとクーポン+セールでめっちゃ安くなってたというのもありますw

1ポートしかHDMIがないディスプレイに複数のHDMIを繋げたいって時、
わざわざ差し替えるとか、セレクター(切替器)が必要になるのが面倒だな~
と思ったので最初からHDMIが2本挿せるディスプレイが欲しかったんです!

ちょっと見づらいですが、ディスプレイの右下にあるボタンから
ポチポチっと簡単にポートを切り替えられます。超便利ですよ!

あ、あとこのディスプレイ、スピーカーはついていません。
私はイヤホン族なのでスピーカー要らない子なので…w

高さ調整機能もついていませんが、チルトは調整できます!

私が使っているのは旧モデルの方ですが、新モデルの方が
同じ値段で高性能なので気になる方はこっちの方をご購入ください。

TOPOWN キャプチャーボード

ついに導入したキャプチャーボード。メーカーはTOPOWNです。

ピカピカのアルミ製、表面にも書いてありますがUSB3.0の
至って普通のキャプチャーボードです。パススルーにも問題なく対応しています。

価格は1万前後で、この手のキャプチャーボードは当たり外れが激しいのですが…。

購入の決め手は2020年製と比較的新しい製品であることと、
Amazonで購入すると2年保証がつくというポイントでした。

要は「万が一失敗しても保証あるからいいか」というのが決め手でしたw

実際に録画した様子


こちらの動画が実際に上記のキャプチャーボードを使用した様子です。

Twitterに上げた動画なので画質は落としてありますが、
実際の録画データはほぼディスプレイで見た通りに録画出来ています。

こちらがTwitterで上げていた動画の高画質版です。

録画しているゲームがドット絵故に
画質の善し悪しの判断が難しい所ですがw

良くも悪くも普通のキャプチャーボードですが、ハズレの物が多い
1万円代のキャプチャーボードの中では当たりの方ではないでしょうか!?

プリンストン デジ像 HDMIスプリッター PHM-SP102A

PS3、PS4などのHDMI系のゲームに使用できるスプリッター。
上記のストライダー飛竜の実況動画に使用しています。

ツイートの方でもちらっと言っていますが、
PS3を録画する場合はこのスプリッターと呼ばれるものが必須です。

はい、筆者は必須だと知らなくて名駅のビッカメまで走りました…w

なぜPS3にはこれが必要なのかというと、PS3にはコピーガード(HDCP)と呼ばれる
制限がかかっていて簡単には録画できないようになっています。

PS4にもありますが、こちらはPS4側の設定で解除できるのでスプリッターは必須ではありません。

このスプリッターをキャプチャーボードにかませることで
コピーガードをスルーする、というのが一般的なPS3の録画方法です。

ただスプリッターの厄介なところは…。

  • コピーガードをスルーできる機能がついてない物がある
  • PS3には対応していない物もある

というようにスプリッターならどれでもいい、と言うわけではないのです。
またキャプチャーボードの相性によってはうまく録画できないというのもあります。

幸いなことに私が購入したキャプチャーボードと
このスプリッターは相性がよかったのか無事録画できました。

もし他の製品をお探しなら「スプリッター(分配器)、HDCP」などで検索してみてください。
あとHDMIケーブルがもう1本必要になるので一緒に購入することをおすすめします。

まとめ

デバイスは今後も増えていく予定です!

現在はPCゲームの実況がほとんどですが、
いつかは家庭用ゲームもPCに繋いで録画してみたいですね…。

キャプチャーボードも導入してついに家庭用ゲームの実況も可能になりました!

特にマイクの方はかなりお気に入りです!

プロじゃないので音質の良し悪しというのはワカラナイですが、
この値段でこれだけ綺麗に録音できるなら個人的には満足という感じです。

というころで、デバイスの紹介でした。何かの参考になれば幸いです!

コメント