【Switch】あつまれ どうぶつの森が止まらない…!【感想】

レビュー

この度、念願のSwitchLiteを購入しました!

本当は普通の、TVに繋げられるSwitchの方が欲しかったのですが、
例のウイルスの影響で品薄状態、残念ながら入手すること叶わず…!

苦肉の策としてLiteの新色「コーラル」を購入した次第でございます。

私のTwitterを見てくださってる方ならもうおわかりかと思いますが、
SwitchLiteを購入した理由がコレです。あつまれ どうぶつの森

あつまれ どうぶつの森こと「あつ森」は発売日から今日でちょうど1週間!

この7日そこそこみっちりプレイして感じたことや
面白いと思う部分など個人的な感想をばばーっとつづっていきます。

家のグレードを2階建てした所まで遊んでいいなと思う部分、
ちょっとな~と思う部分、多々ありました。

まず先に率直に感じたあつ森のBADポイント、
そのあとさらっとGOODポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

あつ森のここが残念だよBADポイント

若干ながら操作性に難アリ

今作から川を飛び越える「たかとびぼう」や、崖を上り下りするための
「はしご」など移動を快適にするための道具が追加されました。

これはあつ森の売りのひとつでもあったのですが、道具が増えたことによる
道具の切り替え操作が個人的にはわずらわしく感じました。

とび森時代にあった十字キーでの道具切り替えも存在するのですが、
道具が多すぎるためピンポイントで切り替えるのが難しく…。

更には今作から追加されたショートカット機能
「おきにリング」があるのですが、切り替えまでが遅すぎる!

木を揺する→うわ!ハチだ!→おきにリング(モタモタ)→刺される

遅い、遅すぎる…。

どれだけスムーズに切り替えられても間に合わない…!
そもそも、スピーディに切り替えるのを目的としていないのか…。

という感じで便利な機能といえば間違いなくそうなのですが
操作性は良いかというとちょっと微妙です。便利ではあるんですけどね。

道具が増えたことによる所持品圧迫が凄まじい

また道具の追加により、ポケット(所持品)の圧迫が凄まじいと感じることが多いです。

特にポケットの拡張が出来ていない序盤は特に圧迫感がすごい…!
ちょっと素材集めや魚・虫取りをするだけで一杯に…。

金策のためによく魚釣りをするのですが、
可能な限り必要ない道具や荷物を置いてくると…。

「あ、風船…!パチンコを…あああああああ置いてきちゃったァ!」

なんてダッシュで取りに帰って急いで戻ってくる、という場面が多々ありました。

それなら最初から持っておけばいいじゃん!と思うかもしれませんが…。

一匹でも多く魚を釣りたい、そのためにポケットの空きは多く作りたい。
でも風船見かけたらパチンコで撃ち落としたい、うーん非常に悩ましい問題です…!

道具がすぐ壊れる…!

今作のメインコンテンツである何でも自作できる「DIY」。

スコップ、オノ、虫あみ、釣り竿など従来の
シリーズでもお馴染みの道具たちも…。

基本的には自作するというのが当たり前になりました。
もちろん今まで通りお店などでも買えますが。

それに伴ってすべての道具にグレードや耐久が追加されて、
使い込めば壊れる、グレードによって耐久の良し悪しがある、
という要素が追加されました。

これが結構面倒くさいポイントで、釣りや虫取りに夢中になっているとすぐ壊れる

ノーマルグレードの道具ですら30回使っただけで破損。
ちょっと壊れるの早すぎひん?魚30匹って本当にすぐ釣れるぞ?

対策としては予備の道具を持ち歩く、DIYの素材を
持っておくというのがありますが…。

上記の理由からインベントリを非常に圧迫して、
とにかくわずらわしい、嘆かわしい…!

せっかく道具を自作できるのに使い捨て感が強いのが非常にもったいない…!

個人的には道具の耐久をもう倍…とは言わないので1.5倍くらいに。
または道具の修理、なんてシステムがあったら良かったなぁと思いました。

あつ森のここがイイよGOODポイント

音のこだわりがすごい!

これは実際に動画やPVを見て欲しいのですが、
今作あつ森…「」がすごいです!

草を踏む音や雨があちこちから滴る音、
風に揺れる木々の音や空気の流れを感じる音…。

無人島生活を取り巻く様々な音あちこちからします…!

ゲームの作られた効果音っぽい感じの音ではなくて、
普段私達が当たり前に耳にしている自然に近い音がするんです。

これはゲーム開始直後から非常にびっくりした要素の一つです…!
従来のシリーズのデフォルメされた音とは全然違うぞ!?と驚きました。

初のHDでどうぶつたちの仕草が愛らしい!

プラットフォームがSwitchとなり初のHD画質
どうぶつの森ということで、どうぶつさんたちもHDに!(当たり前)

ほうきやハタキを持って掃除をしたり、図鑑を片手に植物を観察したり、
ダンベルで筋トレにいそしむ姿や浜辺でブーンと走り回って遊んだり…。

従来のシリーズにはなかった、より生活感のある個性的な仕草
ひじょーに愛らしいです…!もうめちゃくちゃ癒やされます…!

ひとつ難点があるとすればかわいい!かわいい!と
話かけまくった結果、どうぶつ達にうざがられるというね…w

徐々に発展していく無人島にはRPGのような成長感がある!

最初は最低限の設備と、開けた場所に自分の住まいとして
テントをドカンと立てただけの無人島。

周りは草木でボーボーだし、お世辞にも整っているとは言い難い環境からスタート。
設備を整えて徐々に無人島から住める場所に発展していく姿は…。

レベルアップして強くなっていくRPGのような成長、育成感があって面白いです!

実際、テント生活を卒業し、しっかりとした家が建った時には
「やべー…文化レベルが上がってる…!」と感動しましたw

なにはともあれ楽しいぞあつ森!

色々とぐだぐだ書きましたが、一言で言えば「あつ森、止まらないくらい楽しい!」です。

なんだかんだ言ってDIY要素も面白いし、まだ現時点では開放されていませんが
島の土地や川を自由にクリエイトできる機能も非常に楽しみです…!

一番気に入っているポイントは借金返済生活ですかね。(ドM

あとマイル貯め、これ楽しいですね無限に貯めれます。
FF14でいうところのトークンなんですが、コレも光の戦士のサ・ガか…。

まだまだやりたいことたくさんで…例えば島作りはもちろん部屋のレイアウトもひでー状態なので…w

しばらくは借金返済しつつ毎日少しずつ 少しずつ進めていこうと思います。

レビュー
スポンサーリンク
Min Strel

三度の飯よりゲーム好きな光の戦士(FF14プレイヤー)。
FF14初心者向けのブログの中の人でもあります。最近はゲーム実況にも挑戦中です!

Min Strelをフォローする
Min Strelをフォローする
Minレコ

コメント